月別アーカイブ: 2016年2月

誰でもできる!バッテリー交換のポイント

バイクにとって電気系統の心臓部とも言えるバッテリー。
バッテリーから電力が供給されなくなるとセルが回らなくなり、
エンジンを始動することすら難しくなる重要なパーツ。
しかし最近ではメンテナンスフリーのバッテリーが増え、
昔のようにバッテリー液を補充する手間がなくなった反面、
バッテリー本体を見る機会自体が少なくなり、
いざ交換が必要になったときに交換の仕方が分からない
というライダーも多い。
寒い時期はバッテリーに負担が掛かるのでトラブルが増えるので、
改めてバッテリー交換の要点をチェックしておきたい。

まずバッテリーが収納されている場所だが、
バイクの場合シートの下に収納されているものが殆ど。
スクータータイプの場合はシート下の収納スペースの一部にある。
バッテリーが見つかったら固定してあるステーを外して、
繋がっている端子を外していくのだが、
ここで注意したいのが必ずマイナス端子から外すということ。
これはバッテリー交換の常識ともいえる知識だが、
プラスから外してしまうと感電や発火の恐れがあるので注意。

古いバッテリーが外れたら新しいものに交換するのだが、
装着するときはプラス端子から繋ぐのを忘れずに。
どちらが先だったか覚えにくい場合は、
「外すときはマイナス端子から」とだけ覚えておき、
装着時はその逆からと覚えるといい。

ba2