月別アーカイブ: 2015年9月

燃費にも影響する、タイヤの空気圧を調整

●空気圧は高すぎても低すぎてもダメ

タイヤ内の空気はタイヤに異常がなくても徐々に抜けていきます。 バイクの中で唯一路面に触れているタイヤは当然重要なパーツで、 タイヤのコンディション次第でバイクの走行性能は大きく変わります。 例えばタイヤの空気圧が低いと路面に対する接地面が増え、 抵抗が増えることから燃費の低下に繋がります。 さらにタイヤに負荷が掛かりヒビ割れしたり、 最悪の場合バーストする危険すらあるのです。

逆に空気圧が高すぎてもタイヤのゴムは劣化します。 簡単に言えば風船をパンパンに膨らませた状態なので、 当然タイヤには負荷が掛かってしまい寿命が短くなります。 また、路面に対する接地面が狭くなるのでグリップ力が低下。 そのまま走り続けるとスリップを起こす危険があるのです。

●気温によって空気圧は変化する

タイヤの性能をフルに発揮させて長く使うためには、 空気圧をマメにチェックして最適に保つ必要があります。 気をつけたいのはタイヤの空気圧は気温によって変化すること。 夏場はタイヤが温まるのが早く高温になるので高くなり、 冬場は逆にタイヤの温度が高くなりにくいので空気圧は低くなります。 そのため季節の変わり目などは空気圧が変化しやすく、 つい先日入れたはずなのにエアーが減っていたりします。

●ガソリンスタンドの空気入れを使う

バイクの最適な空気圧は車両に貼ってあるステッカーで確認します。 多くの場合はスイングアームのあたりに正しい空気圧が記載されています。 空気の入れ方は自転車などと要領は同じですが、 どれだけ空気が入っているかを確認するにはエアゲージが必要。 でもエアーゲージなんて持ってない人も多いですよね。 そんな方はガソリンスタンドに置いてある空気入れが便利。 ガソリンスタンドぼ多くはエアゲージ一体型の空気入れが置いてあり、 給油すれば無料で使えるものが殆ど。 毎回給油のたひにチェックしておけば空気圧を最適に保てます。
0e31